美しいきものの装い方

きものを纏うことは日本女性ならではの喜び。
美しいきものは美しく着こなしましょう。
きもの館なかね の願いです。
ここでは振袖やきものを着こなすための基本から、マナーをご紹介。
ぜひ、あなたのきものライフの参考にしてみてください。

雨の日のマナー

着物を着ようと張り切っていた日が雨だったら?濡れてしまったら、せっかくの晴れ着も台無し?!でも、やっぱり着たい!そんなときの工夫をお教えします。

雨の日は汚れて当たり前

汚れない方法を考えると、汚れてしまったときのショックは大きいもの。最初から雨が降ったときには、汚れても当たり前という気持ちでいましょう。これだけでずいぶんと気が楽になりますよ。

手ぬぐいや風呂敷を活用して

急な雨のときでも、手ぬぐいや風呂敷などを持っていると色々使えます。例えば、帯は汚れても洗えないことが多いため、手ぬぐいや風呂敷で覆うと直接雨にかかることは防げます。

また、濡れた草履を包むのにも活躍します。汚れてしまっても簡単に洗えるのでご安心ください。

歩き方は普段以上に気をつけて

見える部分の泥ハネには気をつけていても、見えない裾など部分にハネていた・・・ということを避けるために、少し大げさなくらい内股で歩くようにしましょう。小さな歩幅で爪先に力を入れるようにして歩くといいでしょう。

雨草履・雨コートなどの準備

正装には向かないものですが、ひどい雨の中を歩く時には爪先に透明のカバーが付いた雨用の草履が便利です。底がウレタンになっているので、草履が剥がれる心配もありません。

雨草履

もっと手軽なものとしては、手持ちの草履を覆うようにして使う草履カバー。雨が降りそうなときに持ち歩くこともできるので便利です。雨下駄などをはくときは着物に合った草履を持っていくことも忘れず。

着物全体を覆う丈で防水加工されたものが雨コート。ワンピースタイプのものとツーピースタイプのものがあります。コートの中で着物の裾をたくし上げておくと、さらに安心です。

泥ジミがついてしまったときは

時間が経つほど、汚れはジワジワしみこんでいきます。下手なケアを自分でせず、エールグループ加盟店に任せましょう。

ガード加工できものを守る

着物の撥水加工

撥水効果のあるガード加工があります。水性の汚れ、濡れたことによる縮み防止に効果があります。

また、雨の日だけではなくパーティで飲み物をこぼしたりしてしまった際にもガード加工をしておくと、染み込みにくくなり、汚れも落ちやすくなります。